銀座 誠友堂


<<会社URL:http://seiyudo-gold.com/merits.html>>
NET.PlaNET

金インゴットを小分けするメリットをご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

銀座誠友堂では、金を小分け分割することで節税・マイナンバー対策に対応しています。一時所得控除額は50万円までなので、かなりの額の金であればすぐに一時所得控除の範囲を越えてしまいます。そこで、銀座誠友堂では100gバーにしてしまうことで一時所得控除額の範囲内に抑え、支払う税金を節約することが出来ると言う仕組みになっています。しかも贈与に関しても、100gバーにしてしまえば、大体2本分までは相続税がかかりません。150万円分程度の税金を節約することが出来るのです。また、マイナンバー制度に関しては、200万円以上の金を売却した場合、これもマイナンバーがついた支払調書を提出する必要があります。現在は任意であり、2021年には義務となるので、早いうちから対策をしておくと良いでしょう。100gバーに分割しておくことで売却額を200万円分以内に抑えてしまえば申請する必要もなく便利です。それに、手持ちの金を精錬加工する場合、1kgあたり10万円から20万円程度が相場となっています。これでは損をしてしまうこともあり、1kg分の金を売却して、100g×10本の100gバーに変えてしまった方がお得と言えます。銀座にて営業している誠友堂では、金以外にもプラチナや骨董品などの買取も行っています。基本的に金やプラチナは公式国際ブランドが中心となっており、もちろん分割した100gバーも公式国際ブランドのものなので安心して分割出来ます。この公式国際ブランドとは、純度が9999%以上のものを指しており、国内での売買はもちろん、海外での売買においてもかなり信用度が高いです。そのため、万が一海外で売却することを考えていても安心して取引が出来ます。元々銀座誠友堂は刀の売買を行っていた企業です。昭和56年創業と比較的歴史の浅い骨董品店ではありますが、刀の売買を通じて知り合ったお客様は創業当初からのお得意様という方も多く、信頼度も高い企業と言えるでしょう。
Tagged on: ,銀座 誠友堂