星野総合商事株式会社


<<会社URL:https://www.hoshino-z.com/system_lp.html>>
NET.PlaNET

BCPは防災・防犯資材の総合商社【星野総合商事】へ。災害時の備蓄品は、日頃の業務フローでは在庫管理の難しいものです。防災用品を扱う弊社では、非常食や水、医療品などの消費期限の確認から在庫チェックまで、備蓄品データを管理するシステムを無料で提供します。


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

企業だけでなく地域の自治会や町内会でも役立つのがBCPの防災対策です。大人一人が一日に必要とする水と食料を確保するとなると、地域住民の単位では膨大な量に膨れ上がってしまいます。各家庭ごと、各世帯ごとでの協力が必要不可欠ですから、地域で防災活動をするときにBCPを普及させることで、家庭での分担と、自治会や町内会での役割を分けて把握しやすくなります。自治会や町内会のメリットは、予算を確保しやすいメリットがあります。自治会費や町内会費を使用して、防災関連用品を購入できるからです。個人的にそろえる品ではなく、ある程度の公共性を伴いますので、防災知識に優れている企業や、防災セミナーの開催や啓もう活動を同時に行っている企業から、防災関連用品を購入すると地域住民への説明もしやすくなります。備蓄用保存水と同時に、簡易式貯水槽を購入しておくのも自治会単位のほうがメリットが大きいです。自治会の防災倉庫に収納しておけば、普段は邪魔にならず、埃も被りませんが、各家庭で保管していると奥の方にしまい込んでしまったり、いざという時に取り出せない状態になっている可能性もあります。BCPでの防災用品は、いざというときの取り出しやすさが重要ポイントになります。取り出しやすさは、作業の迅速性にも影響します。できるだけスピーディーに作業できるようにしておくと、災害発生時の救助や避難の手際の良さにも繋がります。防災対策は、個別ではなく、あらゆる要素が連動しています。BCPの知識と啓もう実績が豊富な防災企業ならば、防災用品の販売だけではなく、商品ごとの特性を説明してくれます。自分たち野地域性に合致する防災用品を選べれば、行政の活動とも連携しながら大きな効果を発揮できるようになります。数に限界が生じる可能性のある分野を自治会や町内会で議題にしながら、簡易式の用品を充実させながら取り揃えておくと安心です。保温効果を得られる毛布、人の運搬に不可欠な担架、誰でも使用できる救急箱、衛生面での生活用品を議題にしておくと、認識も深まります。
Tagged on: ,星野総合商事株式会社