スタジオ Remember


<<会社URL:https://studio.remember.tokyo>>
NET.PlaNET


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

Rememberは渋谷駅から徒歩で約8分、代官山駅から徒歩で約12分という、非常に便利な場所に立地している撮影スタジオです。 閑静な住宅街の中にありますから、騒音が気になる事はありません。 1階部分には駐車場もありますので、交通アクセスの良さという面では、他の追従を許しません。 集中した状態で、撮影に挑む事が出来ます。 カメラマンの前に立つと、モデルになる方はどうしても緊張してしまいがちです。 精神的な負担をなるだけ軽減し、リラックスした雰囲気の中で撮影を行う為にも、Rememberでは完全予約制を採用しています。 まさにプロのカメラマンにとって、理想的な環境が整った撮影スタジオだと言えるに違いありません。 壁に使用されているのはウッド壁、白壁とコンクリート壁という3種類です。 どれを選ぶかによって、演出の幅というものを無限大に広げる事が出来ます。 独創性に富んだ作品を生み出すには、打ってつけの空間設計がなされていると言えるでしょう。 デイライトでの撮影が可能な屋外デッキ、またベンチスペースも設けられています。 定点から撮影するだけではなく、アングルを変えて撮影するのが一般的です。 空間を活かした撮影を行いたい方から、圧倒的な人気を博しています。 Rememberでは、多彩な背景というものを演出する事が可能です。 演出のアクセントになるものといえば、ウォールラックに他なりません。 ウォールラックの上には、花や写真立てといった小物も充実しています。 一工夫加えるだけで、クリエイティブさを醸し出せるはずです。 スタジオの入り口付近には、ウッドデッキがあります。 ソファやガーデンパラソル、チェアは自由にご活用下さい。 自然に降り注ぐ光を浴びながら、植物を背景に撮影出来ると評判です。 モデルが利用出来るバスルーム、メイク室も完備しています。 最近注目を集めているのが、調理動画です。 Rememberでは調理動画を撮影出来る、キッチンも兼ね備えています。
Tagged on: ,スタジオ Remember