株式会社北工房


<<会社URL:http://www.tokken.kitakobo.com>>
NET.PlaNET

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

もし今、特定建築物定期報告を必要としているような状況なら、ぜひともプロの専門家に、建築設備定期検査をお願いしてみましょう。株式会社北工房なら、スムーズに建築設備定期検査を行ってくれるので、安心できます。北海道札幌市で活躍してますが、その他の地域でも承ってくれるので、まずは相談に乗ってもらうのがお勧めです。デパートやホテル、その他病院や学校などといった大型の施設なら、必ず特殊建築物定期調査は行わなければならないので、その事は頭の中に入れておくべきだといえます。株式会社北工房は、建築設計事務所と言うことで、様々なノウハウを持った事務所でもあるでしょう。その他の調査をするだけの業者と違い、施設そのものの構造等に関しても精通しているので、最初から最後まですべて安心して任せることができます。例えば非常用照明や、非常口、そして換気口などの1、そして現在の状況などを、しっかりと確認し、正確に明記してくれるので、間違いのない結果を出してくれるはずです。やはり建築士の人たちは、建築の業界において、豊富な経験を持っているため、その知識が検査や調査を必要とする現場でも役に立つようになっています。北工房は、建築設備定期検査において正確な結果を出してくれると言うことで、いろいろなメディアで取り上げられている会社でもあるでしょう。北海道放送の番組でも取り上げられている事があるため、時折チェックを入れておくことをおすすめします。また、施設の調査に関しては、延床面積が広くなれば、その分料金が高くなる傾向にあるので注意です。延床面積だけではなく、施設の種類によっても値段が異なるので気をつけておきましょう。株式会社北工房のホームページの料金表を確認できますが、それはあくまでも目安となっています。現場にて、担当者の方に見てもらわなければ細かいところまでは分からないので、まずは現場での見積もりの予約を入れておきたいところです。
Tagged on: ,株式会社北工房